株式会社ロッテでは「噛むこと」の健康機能に着目して、様々な研究に取り組んでいます。
この度、ロッテ中央研究所では、ガムの咀嚼習慣(1日にどれくらいの時間噛む習慣があるか)と毛髪径(太さ)に関する観察研究を実施しました。

研究概要

対象
ロッテ中央研究所の研究員27名
(男性21名、女性6名、24~51歳:平均年齢36.4±8.7歳)
*毛髪関連の症状(毛髪が無い人を含む)が認められる人、毛髪に対するサプリメント・製品を使用している人、妊娠している人、2親等以内に毛髪の薄い人がおり、かつストレスを強く感じている人は、調査から除外。

方法
1) ガム咀嚼時間アンケート:
これまでの日常的なガム平均咀嚼時間を集計し、咀嚼時間により群分け
*ガム咀嚼時間が多い群:14名
(男性11名、女性3名、平均34.0±5.9歳)…1日の平均 51.1±13.0分
*ガム咀嚼時間が少ない群:13名
(男性10名、女性3名、平均38.9±10.9歳)…1日の平均 10.0±6.8分

2) 毛髪径評価:
頭頂部(両耳を結んだ頂点)、側頭部(耳の上部で咀嚼時に側頭筋が隆起する点)の毛髪を根元付近から10本ずつハサミで切り落とし、毛髪の切り口から約1cmの箇所をマイクロスコープで撮影し、太さを計測。

調査の結果、これまでの生活の中でガム咀嚼時間が多い群では、少ない群と比較して、頭頂部毛髪が有意に太いという結果が得られました。一方で、側頭部に関しては、有意な差が認められませんでした。

なお、本研究はあくまで調査研究であり、ガム咀嚼習慣と毛髪の太さに関する因果関係を証明したものではありません。

今回の研究は、ガム咀嚼は脳への血流や頸動脈の血流が増加することが明らかになっていることから、咀嚼は脳血流だけでなく、頭皮血流の増加にも影響が与えられるのではないか?という仮説のもと行われました。

本研究結果を足掛かりに、今後、専門家のご意見を伺いながら、咀嚼による頭皮血流への影響や長期ガム咀嚼介入研究による毛髪径への影響を評価することで、咀嚼が毛髪に影響を与える可能性について継続して研究を進めて参ります。

ロッテは今後も“噛むこと”で、人々の生活の質、心の健康に寄与することが出来ればと考えています。

詳しい研究詳細については「アンチ・エイジング医学―日本抗加齢医学会(2021年17巻2号)」に論文掲載されていますので、詳細については掲載誌をご確認ください。