噛むこと研究室 FAQ
〜よくあるご質問〜

  • 「噛むこと研究室」とは何ですか?
    “噛む”という行為が、脳や心、身体にどのような影響を与えているのか。
    “噛むこと”を研究し、その可能性を明らかにすることを目的としたのが、「噛むこと研究室」です。
    これから私たちは“噛むこと”を研究し、よりよい明日のために、心と身体のソリューションを開発していきます。
  • “噛む”ことでどのようなことが期待されますか?
    自分の“噛む”を知り、適切な“噛む”を実践していくことで、心と身体の悩みを解決したり、能力をより引き出せるのではと、私たちは考えています。

    例えば・・・ 噛むことで、運動パフォーマンスを向上させ、アスリートの役に立つ。 美容効果を生み出し、女性たちを美しくしてあげる。 学習効率を上げ、未来を担う子どもたちを育てる。 認知症に備え、高齢者とともに生きる生活に貢献する。

    “噛むこと”は、私たちの心や身体を豊かにしてくれる可能性に満ちているのです。
  • “噛む”ことにはどのような役割があるのですか?
    咀嚼の基本的な機能は、食物を身体に取り込むことにあると言えます。
    咀嚼によって食べ物を細かく砕き、食物の栄養素を吸収しやすくし、さらに唾液と混ぜて嚥下しやすくしています。
    また、食物の固さに合わせて、咬合力(噛む力)を調整することもできます。このような機能が解明されている中で、最近では、咀嚼は脳への影響があることが分かってきています。
  • よく噛むことは、なぜ良いと言われているのですか?
    “噛む”大切さは、人類の経験からも、科学的側面からも実証されています。
    人類は、歯が進化して食物を細かく砕き、栄養素の吸収率を高めると同時に予備消化ができるようになり、さらに味を楽しんだり、発話をするような高度な役割にまで発達してきたと考えられます。

    【出典】農林水産省『平成21年度 食料・農業・農村白書』より

    噛むことで、食べものの味や触感等、様々な感覚情報が脳に伝えられ、脳が活性化します。よく噛むことで、脳の思考や学習等をつかさどる部位も活性化し、高齢者の記憶や認知機能が維持・向上するという研究結果もあります。また、食べものを噛むことにより、神経系ホルモンが働き、ホルモンが脳の視床下部にある満腹中枢に届くと、満腹信号となって満足感が得られます。よく噛むことによって、より少ない量で満腹感を得られることがわかっており、食べすぎによる肥満予防、ひいては生活習慣病の予防にもつながります。

    (2)食生活上の課題と食育の推進 ア 食生活をめぐる課題 http://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h21_h/trend/part1/chap2/c2_04.html
  • 噛むこと研究室はどこが運営していますか?
    株式会社ロッテが運営しております。
  • 噛むこと研究室へのホームページへリンクを貼りたい
    原則として関係会社、関係者を除き全てお断りしております。
  • 噛むこと研究室ホームページや商品の画像を使用したい
    著作権、肖像権に関連する観点より、画像の転載はお断りしております。
  • ホームページが正常に動作しません
    推奨環境以外でのご利用時には、表示が正しくされない場合などの事象が発生する場合がありますので、ご理解くださいますようおねがいいたします。